2022年4月のご挨拶

  • 年度始めのご挨拶も12年目になりました。まずは昨年度の振り返りからです。
  • 昨年の6月からこの3月まで週二日で、大阪府の非常勤職員としてテレワーク定着化のサポートをしました。大阪市など外からサポートしていましたが、今回は中に入ってということで、まずは最初の第一歩を残せたかなと思っています。あとは酒の席ででも。大阪府市の民都大阪フィランソロピー会議の情報分科会のリーダーとして、NPOやコミュニティの情報化を考えていたので、いい勉強になりました。
  • 帝塚山学院大学も10年目に入りますが、理事長が変わって別の大学になったみたいです。担当した学科も今年が最後の学生で、後始末と思ってあと一年ともう少しやりそうです。大阪市立大学も大阪公立大学になりますが、少なくとも3年間は大阪市立大学の学生はいるので、年に一度ですが非常勤講師を頼まれていて、これも2023年度まで頼まれています。
  • 昨年度は、もうそろそろ年金生活だし、どういう考え方で動こうかと考えていた一年でした。昨年度もそうですが、今年度も年金生活準備期間ととらえて動くことにします。来年度からは準備がとれる予定です。それで寿命も考えて、ラス前の期間と考えて(ラストは終活)、一応80歳までと考えています。老いは「足腰」「頭の回転」「感情の老化」からくると思っているので、それらに気をつかいながら、民都大阪フィランソロピー会議の情報分科会のリーダーとしてNPOやコミュニティの情報化を生きがいと考えていて、考え方のパワポを作っています。できればYoutubeにアップする予定です。頭の回転の方はDXが面白そうで、APIをやってみることにしました。この年代になると住む地域への貢献になるのですが、私の場合はもう少し広く大阪のためにとか、関西のためにとかで動けそうで、とりあえずの目標にしています。
  • そろそろ重たい委員長は変わっていこうと思っていて、徐々に人選も含めて考え始めています。お願いがいくかもしれませんが、その時はよろしく!KOFの実行委員長は今年もやる予定です。